東京都 3歳 男の子

3歳の男の子です。3歳児検診で反対咬合を指摘されました。
 通常の反対咬合よりも程度がひどく下の前歯6本分が噛み合わないくらい出てしまっています。
 遺伝もあり、心配なので早めに何かしてあげたいのですが、先生のところではムーシールドの使用はしてらっしゃいますか?
 ある所で相談したところムーシールドを試しにやってみて、小学1年生位になったら上あごを前に引っ張る装置で矯正し、それがだめだったら他には18歳以降に手術するしか方法はないといわれました。
 反対咬合はあまり治療方法がないというのは本当なのでしょうか?
MAYUMI矯正歯科クリニックの田中まゆみです。
 ご相談メールありがとうございました。
 3歳児検診で反対咬合を指摘されたそうですね。
 こちらの診療所では、ムーシールドは使用しておりません。
 ムーシールドというのは、3歳ではまだ小さくてどのような装置も口に入れられないので顎の位置を反対に噛まないようにしてあげるような、既製の装置です。
 プラスチックでできていてSMLとサイズがあり、口の大きさに大体合わせる感じでピッタリあったものではありません。
 これは、使用して効果があるという先生とあまり変わらないという先生で意見が分かれるため使用の有無があるのです。
 一般的に反対咬合には、機能性反対咬合と骨格性反対咬合があります。
 ご両親のどちらかが反対咬合、または親戚が反対咬合という場合は骨格性の反対咬合の可能性があります。
 骨のレントゲンをとり、何が原因で反対になっているかを考えなければなりません。上の顎があまり発育していないのか?下の顎が少し前に出ているのか?それにより、方法が変わってくるのです。
 あなた様のお口を拝見しておりませんので、詳しいことはわかりませんが、下顎前歯六本が反対であっても手術ケースにならない場合もありますよ。
 上の顎は乳歯から永久歯に生えかわる時期に大きくなります。成長発育が盛んになるのです。その時期をのがさず顎を拡大したり、前に出す事をすれば、成長を利用しながら治す事ができるのです。(小学校にあがる頃?)
 ただ、きれいに治っても、思春期に背が高くなる時今度は下の顎が成長してくるので異常に発達して反対になる可能性もあるので注意しなければならない・・・ということも頭に入れておいてくださいね。
 一度、矯正専門の医院へお子様とご両親で相談に行かれる事をお勧めいたします。ご両親の骨格を拝見しながら、相談していただけると思います。
 3歳で装置が入れられなくても歯の状態によっては4〜5歳で始められる方もいらっしゃいますので・・・・。
MAYUMI矯正歯科クリニック 田中院長先生
 お世話になります。
 お忙しいところお返事頂き誠にありがとうございました。
 とても参考になりました。
 ムーシールドを使えなくても4、5歳からできる場合もあるとの事で少し安心しました。
 主人と話し合ってなるべく早めに見てもらおうと思います。
 ありがとうございました。



診療時間
午前 10:00〜13:00
×
×
×
午後 15:00〜19:00
×
×
×

MAYUMI矯正歯科クリニック 東京都中野区新井 2-1-10 tel.03-6454-0418 診療時間 10:00〜19:00 休診日 木・日・祭日

Copyright (C) MAYUMI Orthodonic Clinic. All Rights Reserved.